そろばん・フラッシュ暗算学習塾 守口・寝屋川・門真のそろばん・フラッシュ暗算教室大阪山本速算会

大阪珠算研究所 大阪山本速算会

〒570-0012 大阪府守口市大久保町5丁目7-9
そろばん教室

TEL:06-6902-2409 FAX:06-6902-1022

そろばんについて

トップページ > そろばんについて:そろばんQ&A

  • 守口道場
  • 大久保道場
  • 大和田道場
  • 清水道場
  • 東寝屋川道場
  • 神田道場
  • その他道場

そろばんQ&A

そろばんQ&A

そろばんを習う時期は、いつ頃からがよろしいでしょうか。

お子さまの能力によりますが、小学入学直後が最も良いと思います。

「かず」に興味を持ち、数字を書き覚えた時期が最良と考えます。

特に、そろばん学習からの「あんざん学習」は、低学年ほどスムーズに入ることができ、あんざんの写像の幅が広がります。

そろばん式「あんざん」と筆算式「あんざん」とはどのように違いますか。

そろばん式「あんざん」は、頭に珠を浮かべて、その珠を動かして計算します。

右脳で問題の数字を「そろばん珠」に変換して計算するので、2桁~3桁の計算が誰でも、簡単にできるようになります。テレビで放映されている「フラッシュ暗算」は、この方法で計算しています。

筆算式の「あんざん」は数字を浮かべて計算するので、暗算での限界があります。

 「フラッシュ暗算」を茶の間のテレビで見て、「そろばん式暗算」の素晴らしさに関心をしましたが、以前から「フラッシュ暗算」はなかったのでしょうか。

「フラッシュ暗算」は、コンピュータの普及で「あんざん」のソフトが容易に作られるようになりました。

以前は、各教室では「フラッシュ暗算」にかわる物として、カードに数字を書き、その数枚のカードを掲示して、「あんざん」で計算したり、伝票暗算として暗算の練習を行っていました。

近年、コンピューターが普及し、各教室に於いても「フラッシュ暗算」で生徒のみなさんの暗算力を大きく伸ばせるようになりました。

 「そろばん式暗算」で計算すると頭が良くなるという言葉を聞きましたが、どうしてでしょうか。

「そろばん式暗算」は、右脳にそろばん珠を浮かべて、その珠を動かせて計算するので、右脳への血液が流れて、右脳が活性されるということが、大脳生理学の研究の進歩で明らかになりました。

また、「そろばん」を使っての計算は、左脳で考えながら計算するので、「そろばん学習は左右の大脳を活性する」と多くの大脳生理学者から研究発表されています。

 以前のそろばん教室では、あまり「あんざん」の学習はなかったと記憶していますが、現在では「あんざん」を指導していただけるのでしょうか。

「あんざん」学習は、以前ではそろばん学習である程度進んだ時点(3級程度)から、暗算習を行なっていたのですが、大脳生理学の進歩で、低学年の方が暗算力を養いやすいという研究結果で、近年の各教室では、早い時期から暗算の学習を行なっています。

私共の教室では、そろばんで1桁の加減算ができるようになった段階で、暗算学習を始めており、その指導法の効果をあげています。

  • リンク
  • プライバシーポリシー

ページの先頭へ

Copyright (C) 大阪山本速算会 大阪珠算研究所. All Rights Reserved.