そろばん・フラッシュ暗算学習塾 守口・寝屋川・門真のそろばん・フラッシュ暗算教室大阪山本速算会

大阪珠算研究所 大阪山本速算会

〒570-0012 大阪府守口市大久保町5丁目7-9
そろばん教室

TEL:06-6902-2409 FAX:06-6902-1022

そろばんについて

トップページ > そろばんについて:そろばんとは

  • 守口道場
  • 大久保道場
  • 大和田道場
  • 清水道場
  • 東寝屋川道場
  • 神田道場
  • その他道場

そろばんQ&A

そろばんとは

ソロバンって、すごい!

最近、お父さん、お母さん方の間で、「子供に習わせるならやっぱりソロバン!」と言う声が多く、大勢の生徒でにぎわっているソロバン教室が たくさんあります。

それはなぜでしょうか。・・・

「ソロバンを習っても、将来 ソロバンを使うことなんてないしな!なんの役に立つのかな!」なんて思ったら大間違いです。現在のソロバンは計算教具として、数概念をまた、頭をきたえる教具なのです。

ところで、「本当にソロバンは すごいのか」「ソロバンのどこが すごいのか」」を紹介します。「ソロバンつてすごい!!」ということを少しでも知っていただければ幸いです。

計算基礎能力を育てます。

ソロバンでの計算は、「5の補数」と「10の補数」からなっています。

そのために、5と10の補数が分かれば、誰でも簡単に計算することができます。

昔から教育の基本として、「読み・書き・そろばん」と言われるように、計算能力を育てるには、そろばんは大切な教具なのです。現在の小学校では、算数科の中で3・4年生でそろばんを学習しますが、限られた時間内での指導のため、充分な学習ができておりません。

そのために、ソロバン教室で数感覚を養い、将来のコンピューター社会に対応できる計算基礎能力を育てていただきたいのです。

頭の働きを活発にします。

ソロバンで計算を繰り返すと、自然と頭にソロバンの珠が浮かぶようになります。ソロバン式暗算は頭に浮かべたソロバンの珠を動かせて計算します。

珠を浮かべて計算しますと、右脳の働きが活発になります。右脳に血液が多く流れ、頭の全体の働きが 良くなっていくのです。

このように、ソロバン学習は、脳の働きに良いことが 大脳生理学の研究で分かってきました。また、右脳の働きは、創造力・直感力などをも養います。

小学生のみなさんは頭によいソロバンを学習し、その暗算力を伸ばすとともに右脳をきたえ、21世紀を担うすばらしい人間に成長してほしいのです。

思考力を育てます。

小・中学生においては、どの教科においても、ただ暗記したり、覚えるのでなく、そのものの過程を理解する習慣を身につけることが大切です。

数の計算でも同様です。ソロバン学習は「5の補数」「10の補数」を元にして、繰り上がり、繰り下がり、位(くらい)等を考えながら計算します。常に、計算の過程を考えながら計算します。さらに、ソロバン学習を進めて、自然に身につくソロバン式暗算も同様です。

ソロバン式暗算は、筆算式暗算と異なり、暗記する事はまったくなく、頭にうかべた珠を動かせて計算します。常に、計算の過程を確かめながら計算するのです。

集中力を育てます。

何事においても物事をなしとげるには、集中する能力が必要です。

ソロバンの学習は、正しい答えを得るために指先の一点に集中して計算します。

さらに、6級・5級・4級・・・へと進級するには、それぞれの合格点に達するために集中して問題に取り組みます。とりわけ、見取算では、一算、一算を集中して計算します。すなわち、各問題に対して最低1分間は集中して計算することを要します。この集中する時間は、問題を繰り返す反復練習する事によって、長く続けられるようになります。このように、ソロバン学習は計算力などともに、自然と、集中力が養われるのです。小学生の皆さんは、ソロバン学習で得た集中力をもって、各教科においても、その成果を発揮してください。

知的能力を高めます。

ソロバンは、電卓やコンピュータと異なり、直接、指を使って珠を動かして計算するので、脳に刺激を与えます。脳を使って数の答えを求めるソロバンの計算は単に答えを出すだけでなく、数の操作に役立ちます。

ソロバンの学習は簡単な問題から複雑な問題へと「級」による段階に分けて問題が配列されているので、目標も設定しやすく、そのために各段階で正しい数処理ができ、空間認知、思考の能力、細かい指先使いのできる能力を高めることで、他の脳の働きも高められます。

小学低学年の頃より、ソロバン学習に励み脳の働きを高めてください。

数感覚の操作活動です。

「数字をみて、指先でソロバンに正しく運珠しながら計算し、その答えを用紙に筆記する。」この一連の連続した学習内容は大変、見事な操作活動です。

これは、計算能力と符号化・識別などの認知能力も養い、さらに、コンピュータ社会に対応する能力の向上につながりるものです。

しかし、コンピュータに打ち込む数は単なる数字であって、すでに数としての感覚が失われていますが、ソロバンの計算は数をそのままの形でソロバン面におくので、数感覚にとても強くなります。だから、ソロバン能力を習得した人が、コンピュータを操作すれば、その能力をいっそう、増すことができるのです。

みなさんは、ソロバン学習で、しっかり数感覚を身につけ、今後のコンピュータ社会において、大いに活躍してもらいたいものです。

  • リンク
  • プライバシーポリシー

ページの先頭へ

Copyright (C) 大阪山本速算会 大阪珠算研究所. All Rights Reserved.